シーン別むくみ対策ガイド【もうむくみの悩みにサヨナラ】

わたし流のむくむ解消方法

私がむくみ予防の為に、自分でいろいろ試した方法をこれからご紹介します。

 

むくみに良いと言われてるコーヒーですが、私は毎日無糖のホットコーヒーを一日3杯は飲んでますが、利尿作用があるのでこのむくみ予防方法は効果があると思いますのでオススメです。

 

シーン別むくみ対策ガイド【もうむくみの悩みにサヨナラ】

 

それから、調整豆乳を温めて飲むと、豆乳は女性ホルモンに似たものが入っているので、女性ホルモンを活発にする事がむくみを解消するみたいなので、朝、昼、夜とホット調整豆乳を飲んでいますが、ホット調整豆乳を飲むとぐっすり眠れるので、もしかしたら、充分に寝る事も体の疲れが取れてむくみを解消になると思います。

 

お酒による、むくみとの関係

 

そして、最もむくみの原因になりそうなのがお酒類ですが、私はむくみの大変さを知っているので、お酒は飲むのを我慢してノンアルコールのビール風の飲みや、ノンアルコールのカクテル風の飲み物を飲んでいます。結果から言うと私の場合は、お酒類よりもノンアルコールの商品の方が顔がむくまないです。

 

ですが、一番の体全体のむくみの予防方法は、規則正しい少しきつめの運動を加えた生活だと私は思っています。例えば休日でも早起きをして朝食を食べて、午前中のうちに少し自分にはきついと思う位の汗をかく運動をして、その後は、ゆっくりとぬるめのお風呂に入って体の疲れを取ります。

 

そして、昼御飯も体に良い物を食べて、夕方ごろには体全体のストレッチをして体の歪みや凝りなどをほぐします。夜は野菜中心の食事を取ってから、入浴剤を入れたぬるめののお風呂に入って体の老廃物や疲れなどを取り除きます。そして、ミネラルウォーターを飲むと体全体に綺麗になりむくみも解消されると思います。

 

むくみができやすい時とは

むくみに悩まされる人は多くいますが、特に女性でハイヒールの靴を履いて立ちっぱなしの仕事をしていたり、逆に1日中ほとんど動いたりしなかったりする人がなりやすい傾向にあります。また時間帯によっては普段履けている靴でも、きつく感じたり履けなくなってしまうというトラブルを生じることもあります。

 

むくみは運動不足であったり、同じような姿勢を取り続けている人がなりやすいものです。また女性の場合妊娠中はむくみが出やすい時期とされていますが、これは胎児に血流が行く分足元まで回る血流が十分でなくなったり、水分不足になりやすいことから普段よりむくみやすくなるのです。

むくみのリスクをより上げてしまう要因について

 

むくみは姿勢や運動不足だけでなく、それ以外の要因があってもリスクを上げてしまいます。水分不足であったり逆に水分を摂りすぎるとむくみが起きやすくなりますし、塩分の摂りすぎは体の水分を余分にため込む原因になってしまうので、むくみが起きやすくなってしまうのです。つまりむくみや摂取する飲食物によってむくみを悪化させるおそれがあるのです。

 

実際むくみがひどいという人は、医師によって塩分などを制限される場合もあります。さらに男性と女性では女性の方がむくみができるリスクが上がるのですが、これは女性はきついジーンズや下着を履いたり、ハイヒールやブーツなど幅の狭い靴を履くことも多く、足の血流を滞らせてしまう危険性が高いために女性はむくみで悩みやすいのです。

 

むくみを解消する方法について

むくみについては、足の血流が悪くなることが原因の1つであることがはっきりわかっています。なので、足の血流を悪くしない方法を取ることでむくみを解消することは可能です。運動不足を実感しているのであればウォーキングなどをしたりして少しでも運動不足を解消すべきですし、体を締め付けるような服装をしているのであればできる限りゆったりとした服装を心がけることが大切です。

 

しかし仕事をしている場合、勤務先によっては制服が決まっていたりハイヒールの着用が義務付けられていて、むくみを予防するような服装ができないこともあります。ハイヒールを着用してストッキングを使用している場合は、ストッキングを着圧機能のあるものを使用すれば足のむくみが生じてもある程度予防することが可能です。

 

また着圧機能のあるソックスは夜用として就寝時にも使用できるものがあるので、むくみを予防したい場合は積極的に利用するべきです。

 

むくみに関してメロリートといった成分のサプリメントなどが販売されていますが、あまりおすすめできません。ヨーロッパや日本では医薬品として使われており慢性化や副作用の恐れがあります。

 

参考 メリロートを含む「健康食品」−むくみやダイエット対策などをうたったハーブ利用食品を調べる−(発表情報)_国民生活センター

むくみ改善に効果的な食べ物と選び方

 

女性にとって美容面を維持する事は永遠のテーマとなっており、日々絶え間ないケアを行っているかと思われます。

 

しかしコスメやサプリを駆使していても、なかなか解消されないむくみは大きな悩みになってしまいます。そんなむくみに効果的な食べ物があるのです。むくみに効果的な食べ物について掲載していきます。

アーモンド

アーモンドにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムには利尿作用を促進させる働きがあります。

 

体内の水分量が多いと、むくみの原因となる為排尿の回数が増える事で体内の酢分バランスが整っていきます。

 

グレープフルーツ

グレープフーツには豊富なクエン酸が含まれています。クエン酸には血流の促進や新陳代謝をアップさせる働きがあります。これらの働きが促進される事で、汗もかきやすくなりむくみの改善に繋がっていきます。
またクエン酸には体内に蓄積されている毒素や老廃物の排出も促進させてくれる為、美容面に大きな効果を発揮するのです。

 

大豆製品

人間の体の細胞はタンパク質にて形成されています。

 

このタンパク質が不足してしまうと細胞や筋肉の働きが低下してしまい水分量の調整が行えなくなってしまいむくみの原因になってしまいます。タンパク質を摂取する事であらゆる細胞が活性化されむくみの予防に繋がります。

カボチャ

むくみ改善に効果的な食べ物と選び方

 

カボチャにはビタミンEがたっぷりと含まれています。このビタミンEには血管の汚れを落とす働きがあります。血管内に汚れがあると血流が悪循環になってしまいます。

 

血液の悪循環によって体内に器官に栄養が行き届かなくなってしまう為、皮膚細胞の働きが低下しむくみの原因となってしまいます。またカボチャにはビタミンAもたっぷりとふくまれています。ビタミンAには新しい皮膚細胞を作り出す働きがあります。

 

古くなったり老化した皮膚細胞の状態のままだと、正常な活動が行えない為、むくみだけでなく肌トラブルの原因にも繋がってしまいます。

 

バナナ

むくみ改善に効果的な食べ物と選び方

 

バナナには豊富な食物繊維が含まれています。

 

食物繊維を摂取する事で腸内環境の改善に繋がります。便秘がちになると血液循環や体内器官の働きの低下に繋がってしまい、むくみの原因となってしまいます。

 

食物繊維を摂取し、排便の回数が増える事で腸内環境が整い、むくみの予防や改善を行えるのです。 身体のむくみにも効果的ですが、それ以外にも腸のむくみにも効果的です。

 

バナナに含まれるカリウムと食物繊維によって、むくんでしまった腸を改善することができます。

 

カリウムには、体に溜まった余分な水分や塩分、毒素を体外に排出させる強いパワーがあります。

引用 【体重が驚くほど減った】むくみ腸3つの改善法で便秘解消

 

あさり

あさりには利尿作用を促す効果がるのです。さらにむくみの原因となってしまうのが塩分の多量摂取です。

 

あさりには体内の塩分を排出させる効果のあるカリウムが豊富に含まれているのです。

 

スイカ

 

夏の定番となっているスイカには利尿作用を促進させるカリウムが豊富に含まれています。またスイカにはサポニンという成分も含まれているのです。

 

サポニンも利尿作用の働きを促進させる効果があり、カリウムとサポニンの両方を含むスイカはむくみの解消に大きな効果を発揮するのです。

 

ブルーベリー

むくみ改善に効果的な食べ物と選び方

 

ブルーベリーには豊富なポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには血液をサラサラにする働きがあるのです。血液がドロドロの状態だと体中に十分行き届かなくなってしまい、むくみの原因となってしまいます。

 

さらに蓄積されている老廃物の促進にも繋がる為、むくみの改善に持ってこいの食品です。ワイン等でも接種可能となっているので、就寝前に一口飲み続けるだけでむくみの予防になってきます。

 

豚肉

食生活において使用頻度の多い豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。このビタミンB1には傷付いた皮膚細胞を修復・再生する働きがあるのです。

 

皮膚細胞が傷付いた状態になってしまうと、働きの低下に繋がる為余分な水分を排出出来なくなってしまい、むくみの原因に繋がってしまいます。またビタミンB1には血液をサラサラにるる働きもあるので、日常的に摂取するだけでむくみの解消に繋がります。

 

トウモロコシ

トウモロコシにはビタミンB6が豊富に含まれています。このビタミンB6にはホルモンバランスを整えたり、血液をサラサラにする働きがあります。

 

女性の中には生理前にむくみやすいという方も多いかと思われますので、トウモロコシを摂取しホルモンバランスを整える事でむくみの予防を行えます。

 

むくみが酷いと人前にも出る事が出来ない為、深刻な悩みになってしまいますが、むくみの解消に繋がる食品の摂取を心掛ける事で予防や改善が行えます。

続きを読む≫ 2016/12/25 15:30:25

妊娠中は足のむくみがとてもひどく苦労しました。妊娠中は体内の血液と水分のバランスが崩れやすく、しょっちゅうむくんでいました。赤ちゃんに栄養を送るために血液が増加するので、妊娠中期頃から特にむくみに悩まされました。

 

体もつらくなってなかなか運動もできないので悪化してしまいましたが、多少無理をしてでも体調がよかったら散歩したり体に負荷のない運動はするべきだと思います。

 

家でできる手軽なものは、よく売られているむくみ解消ソックスを履くことです。

 

妊娠中のむくみ解消

 

それだけでだいぶ解消されました。妊娠中は様々な体のトラブルが現れるのですが、体重増加には気をつけておかないとむくみや、妊娠中毒症になってしまう可能性が上がります。

 

家事をしていると運動になると思っていたのですが、おなかが大きくなると掃除機やお風呂掃除はきつくなってきます。炊事もおなかがつっかえて無理な体勢をとってしまい、後で体にこたえる事がありました。

 

なので、無理に家事をせずパートナーに協力してもらうことが大切です。運動が必要ならマタニティヨガや、散歩で解消するのがいいと思います。

 

私はヨガに通っていたのですが、足のむくみは妊婦さんに共通の悩みで、むくみ解消ストレッチを重点的教えてもらうことができました。

 

初産だったので、ここまで妊娠中に体の不調が現れるとは思ってもみなかったのですが、30代での妊娠ということもありとても大変でした。
健康な妊婦生活には適度な運動をして、むくみ解消が必要だと思いました。

続きを読む≫ 2015/07/02 15:52:02

むくみと聞くと
立ち仕事が多いOLさんのイメージですが
妊娠中の女性にも多い様です。

 

私も妊娠中、酷いむくみになりました。
妊娠前は、長時間歩いた日の翌朝、足が重かったりする程度で
むくみやすい体質ではありませんでした。

 

履いて寝る様な靴下も持っていましたが、ほとんど出番の無い状態でした。

 

妊娠と同時にむくみ発生

 

妊娠時のむくみ解消法

 

しかし、妊娠中期ごろから急に手足がむくみ始めました。
足は指で押すと凹む程の酷いむくみで見た目も不格好。
一回り、二周り大きくなっているように見えました。

 

見た目だけでなく、足の感覚もおかしかったのを覚えています。

 

手も拳を握ると指が太くなっている感覚、少し反発するような感覚でした。
しばらく外していた結婚指輪も入らないほどむくんでいました。

 

健診の日までまだ日数もあり、病院も少し離れた場所にあったので
慌てて母に連絡して対処法を聞いたりインターネットでむくみに効く食べ物やマッサージなどの方法を検索しました。

 

むくみは、カリウム不足で起こる事が多いとの事だったので
夏の時期だった事もありスイカを食べたり小豆のゆで汁を飲んだりしました。

 

小豆は甘くて好きでしたが小豆のゆで汁は、正直マズかったです。
しかし、身体に起きている異変と赤ちゃんの事を考えると
マズイとか言っていられない状況だったので我慢して飲みました。

 

数日後、病院に行く事が出来たのでドクターに話すと
妊婦さんでも飲める漢方を処方して頂きました。

 

漢方は効果が出るまでに時間がかかりましたが
効き目が出始めてからは嘘のように酷いむくみが改善されました。

 

妊婦さんは、運動方法や使用できる薬等も限られてしまうので
普段の食事からカリウム不足にならない様に食事や運動面で気を付けなければいけないのだと知りました。

 

早い段階で異変に気付きドクターに相談できる環境があると良いですね。

続きを読む≫ 2015/07/02 14:40:02

むくみは誰もが持っている悩みですよね。
10代の何も知らない頃は、あ?むくんでるわ?くらいでこれといってケアをしていませんでしたが、20代になり、むくみを放っておくと大変だと痛感しました。

 

私は今、昼は事務、夜は飲み屋で働いています。
夜はもちろん立ち仕事ですし、お酒も飲むのでむくみがすごいです。

 

昼も昼で、座りっぱなしだと血流が悪くなるのか、朝履いてきた靴が夕方帰る頃にはパンパンになります。
生理前だと尚更です。着圧ソックスを履いてもスッキリしません。

 

なので、やはりお風呂でお湯につかり、マッサージをすることが大切だと思います!
私は半身浴しながらマッサージ用のソルトを使いマッサージしています。

 

プロのマッサージでむくみ解消

 

むくみは女子の敵

 

マッサージ屋さんで教えてもらったのですが、足をマッサージするにはつま先からふくらはぎ、太もも、鼠径部というように下から上に揉んでいくとリンパも流れてすっきりするらしいです。
私の場合、特に足の甲と足首がむくんでしまうので、入念にマッサージしています。

 

足の甲は手をグーにして、手の指の関節で足の甲をゴリゴリします。足首は手をグーにして、アキレス腱を人差し指と中指で挟むようにしてゴリゴリします。
どちらもなかなかの痛さですが、これをやるとやらないでは全然違うのです。

 

膝の裏もリンパが集まっているのでゴリゴリするといいとマッサージ屋さんが言っていました。

 

あとは、事務作業中にむくみが気になったときは、こっそり机の中で足首をぐるぐる回しています。

 

効果はわかりませんが、血流が良くなるかなと思ってやってみると、このちょっとのことですごく気持ちよく感じました!
旅行で長距離移動するときにもこっそり出来るのでオススメです。

続きを読む≫ 2015/07/02 14:40:02